shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年01月18日

第31回社会福祉士国家試験 解答速報および成績判定会のお知らせ


第31回社会福祉士国家試験 翌日の2月5日17:00時より、
東京アカデミーホームページにて解答速報を公表いたします

また、2月5日(火)〜2月12日(火)の期間で

成績判定会を実施いたします!!!

東京アカデミーのホームページにアクセスしていただき、

専用フォームにご自身の解答を入力すると・・・

その場で自己採点をすることができます



本試験終了後は東京アカデミーのHPwww.tokyo-ac.jp)をご確認ください

皆さんのご検討をお祈り申し上げます


posted by 東京アカデミー高松校 at 00:00| 解答速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

第32回管理栄養士国家試験 解答速報

いよいよ管理栄養士国家試験

今週末に迫って参りました!

東京アカデミーでは、管理栄養士国家試験翌日の

日(月)

ホームページ上に解答速報を掲載いたします


↓東京アカデミーのHPはコチラから

http://www.tokyo-ac.jp/


スマートフォンからのアクセスも可能ですので、

5日は東京アカデミーの解答速報をご確認いただき、

自己採点にお役立てください。


最寄りの東京アカデミー各校でも、

同じく3月5日(月)17:00〜解答例を

無料でお渡し致しますので、お近くの方は是非お越しください。


受験生の皆様のご健闘を、心よりお祈り申し上げます

posted by 東京アカデミー高松校 at 00:00| 解答速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

大卒程度公務員試験 平成29年度解答速報会〜東京特別区T類について〜

東京アカデミーでは、今年度(平成29年度)も解答速報会を実施いたします。

昨年までのように、各校舎にご足労頂き、マークシートに解答をご記入いただく方式からリニューアル!よりお手軽にウェブ上でご自身の解答を入力していただく方式に変更となります!


解答速報会ブログ第三弾の今回は、「警視庁T類試験」に続けて実施する「東京特別区T類」試験に関してお伝えいたします!


試験日程

平成2957日(日)

解答速報会は、翌日の58日(月)!!

※特別区の試験日は昨年より約1カ月早まりました。


倍率 

以下は平成26年度〜平成28年度の特別区T類(事務)の合格倍率です。 

1次試験受験者数÷最終合格者数

  平成26年度・・・7.7倍   

  平成27年度・・・5.6倍    

   平成28年度・・・6.6


他の地方公務員試験と比較すると、倍率は比較的低めだといえるでしょう。

平成29年度の事務枠での全体の募集人数は980名に上るため(各区の採用予定人数は特別区HPに公表されています)、合格のチャンスは大きいです。


昨年度実施の速報会データ

東京アカデミーでは昨年度も特別区の解答速報会を実施いたしました。以下は昨年度のデータになりますので、ご参考ください。

・平均点

*教養科目・・・22.3点(/40点満点)、 

   専門科目・・・24.4点(/40点満点)

46.7点でした。6割以上を目指しましょう。

次に正答率の高かった科目と低かった科目を確認しましょう。

*教養科目

「現代文」は5問中4問が正答率60%以上でした。比較的容易だったといえるでしょう。

「空間把握」では、4問全ての正答率が20%以上30%未満となっていました。どの問題も難易度が高かったようです。過去問題を解いてぜひ確かめてみてください。

*専門科目

「憲法」では、5問中4問(No.14)の正答率が60以上80%未満でした。特別区の「憲法」は容易なので得点源にしましょう。

「行政学」「ミクロ経済学」もそれぞれ5問中4問が、60% 以上の方が正解できた問題でした。

「民法U」「マクロ経済学」「財政学」では、正答率が60%以上の問題がありませんでした。


専門科目は専門用語が多いため学習に時間はかかりますが、積み重ねると確実に得点源にできます。
また、特別区の専門科目は55問中40問の選択回答で、上記のように科目によっては容易なものもあります。得点できるように作戦を立てておきましょう。

●2次試験に関して

最近の面接では、いわゆるコンピテンシー型といわれるものが主流です。面接官は過去の経験や行動、予期される問題への対処方法などを詳細に質問することで

人間性を見抜こうとします。自己分析をしっかり行い、自分の長所を根拠と共にアピールできるようになりましょう。特別区では、まず面接カードを基に3分間のプレゼンテーション(自己PR)を行います。その後これまでの経験や特別区に関することを中心に質問が展開されます。

以下は平成28年度の面接試験における実際の質問内容の一部です(弊社受講生の聞き取り調査を基にしています)。

「チームやグループで目標を達成した経験について具体的に述べよ。」

「例えば区民に通知が誤って送付されたらどう対応するか。」

「特別区の防災で足りないものは何か。」

「特別区のゆるキャラについてどう思うか。」

どうでしょうか。特別区のことをきちんと調べておかないと答えられない質問もありますね。2次試験対策もきちんとしておきましょう。

また、6月以降の都道府県市町村の採用試験を受験される方で、特別区を併願受験される方も多くいらっしゃいます。特別区を本命に考えておられる方は勿論、6月以降の都道府県市町村の採用試験を本命に考えておられる方で特別区を受験されます方、是非解答速報会にご参加頂いて、今後の直前期の学習の指針を立てられますことをお勧め致します。


以下は解答速報会全体の概要になります。


実施概要

本試験日翌日1300より東京アカデミーのウェブサイト(http://www.tokyo-ac.jp/)にて解答速報を公開いたします。

詳細は弊社ホームページにてご確認ください。

五肢択一試験のみ対応しております。論文・専門記述・国語試験(警視庁警察官T類)は対応いたしません。

東京特別区T類(技術・資格職)、国家一般職(技術職)は教養試験のみの実施となります。


東京アカデミーの解答速報会に参加して、参加者内でのご自身の順位を把握し今後の対策・併願先の検討にお役立てください!皆様のご参加をお待ちしております。

<解答速報会の内容はコチラ2017sokuhoukai.pdf>

posted by 東京アカデミー高松校 at 10:30| 解答速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする